コラム

  1. ログハウスのFeel ホーム > 
  2. コラム

ログハウスについてや展示場と設計業者の取り組み

ログハウスについて知ろう

ログハウスは小さなログキャビンと見比べられることもありますから、どのような住宅なのか知っている方もいるでしょう。現在ではこのような建築物を中心に扱っている企業などもありますから、実際に購入をすることも可能です。例えば購入者の中には賃貸住宅として貸し出すために購入している方も珍しくありません。基本的に他の住宅とは異なり、木のぬくもりやリラックスできるという面から賃貸住宅として借りたいと思われる方は多くいます。また、ログハウスは断熱性や蓄熱性が高いという面から選ばれる方も少なくないのです。断熱性が高ければエアコンなどの運転効率の上昇を期待できます。運転効率が良ければその分光熱費がかからないという借り主に対してのメリットがあります。そのためログハウスを探しているという方も珍しくありません。

自分自身の住宅として購入する方も当然たくさんいます。通常の住宅には少ない調湿機能が備わっている点が魅力です。調湿機能とは湿度を調節してくれる機能のことで、現在の日本では電化製品が普及しているため、加湿器などを購入して湿度を上げたりしているご家庭は少なくありません。湿度が低ければ喉を痛めやすいため当然風邪などにかかりやすくなったり、肌が乾燥したりする可能性も高くなります。また、湿度が低いことで火事などが発生する危険性も高くなります。逆に湿度が高ければジメジメして不快に感じる方は多く、特に梅雨の季節は湿度の高い日が何日も続くため、気分がすっきりしないこともよくあります。ログハウスでは調湿機能が備わっているため、湿度が高い時は適湿まで下げ、逆に低い時は上げてくれるので生活がしやすくなるでしょう。このように、快適な生活がおくれるという面でもメリットがあるので、賃貸住宅として購入される方には借り手に選ばれやすい物件を、また自身が住むために購入する方には暮らしやすい住まいを提供してくれるでしょう。

展示場に行き実際にログハウスを見てみよう

ログハウスの展示場は設計などを担う企業が全国に展示場を設けて購入検討者の設計の手助けをするため、多くの方に知ってもらうために開催しています。展示場は日本全国の全ての都道府県にあるというケースは珍しく、主に首都圏を中心に開催されています。例えば東京都内などの関東圏に集中して点在しており、その他にも関西圏、九州圏などにもあります。地方に住んでいる方は少し遠出をすることなりますが、実際にログハウスを間近で見ることができるので、設計を決める際の参考になることもありますし、他の住宅と迷っている方は選択候補の絞り込みとして活用することができるでしょう。

展示場では資料などを受け取ることもできますが、住宅の各お部屋を実際に見ることができる点が最大の魅力です。例えばロフトスペースですが、ロフトスペースは屋根の真下に位置づけられるケースが多く、屋根の所々には窓が備え付けられており、夜にロフトスペースに上がってガラス越しに空を見上げれば満天の星空を見ることができるかもしれません。お子様がある程度大きくなったら、そのスペースを子供の遊ぶスペースにして充実した幼少期を過ごさせてあげることもできるでしょう。ロフトの上に小さなスペースを作りたいという方のために展示場ではグルニエスペースが設けられています。ロフトの更に上に位置づけられているため、天井までの距離は比較的短くなりますが、小さいお子様が立ち上がれる程の高さを確保することもできます。このスペースを利用してお昼寝をしたりすることもできるため、家族が簡易的に寝られるスペースの実現も可能になります。

さらに、デッキスペースなども設けることができるでしょう。デッキスペースは室外に設置されるケースが多く、ベランダに近い作りになっています。外の空気を直接感じられるため外の風を感じながら読書をしたり、春や秋の比較的気温が過ごしやすい季節にはそこで寝たりすることも可能です。もしペットを飼っているご家庭であれば、デッキスペースと庭を隣接させた設計をして、お散歩の手間を省くことを可能にし、ペットが生活しやすい環境を作ることができるでしょう。

設計を依頼する業者の取り組みを知ろう

ログハウスの設計を担う企業では様々な取り組みにより高品質のログハウスを多くの購入者に提供しています。例えば機能性や耐久性、品質精度が優れた材質を選択するために北欧製を積極的に採用している企業もあります。北欧製はデザインにおいても優れており、実際に住む方が使いやすい製品を提供してくれます。また、取り組みとして仕上材は国内調達をしている企業もあります。国内調達をすることで最高レベルの品質管理を実現し、同時にコストダウンも実現できるため、その分価格や品質に繁栄されます。

入念に製品検討を行っている企業は購入者が気になる箇所に対しても細部にまで行き届く設計を実現してくれます。設計は住宅建築におけるとても重要な部分を担っています。設計に矛盾やミスがあれば効率的に建築ができないばかりか、高品質のログハウスを提供できない可能性があるからです。一つ一つ製品検討をすることで良質な設計を実現してくれるところもあります。