コラム

  1. ログハウスのFeel ホーム > 
  2. コラム

都内でログハウスに住もう

都内でログハウスに住む魅力とは

現在、様々な住宅が雑誌などで紹介されることがありますが、普段から家を探している、購入を検討している方の中にはログハウスを購入したいと思われる方も少なくないでしょう。その理由には数多くの魅力があるからです。例えば癒やしの効果があります。基本的にログハウスは木そのものが素材として使用されています。そのものとは加工などが多く施されていないという意味です。一般的なご家庭で使用されている床や壁に取り入れられている素材には化学物質が使用されているため、木そのものとは言えません。

一方で一般的な住宅とは異なり、塗料に関しても自然塗料が用いられているケースが多く、一般的な住宅と比べて化学物質などが多く使用されていませんから、比較的自然の魅力を住宅の中に取り入れることができます。ホルムアルデヒドなどの有害物質が少ないこともあり、健康に与える悪い影響は比較的少なくなっています。また、先述したように木そのものには癒やし効果があります。その理由は香りです。実際に森林の香り、木の香りを嗅いで、癒やされる思いをした経験があるという方も少なくないでしょう。これはフィトンチッドと呼ばれるもので、これを嗅ぐことで癒やし効果を得られる可能性があります。住宅は基本的にプライベートの時間を長く過ごす場所になります。そのため、癒やしを得られる住宅に憧れるという方も多くいるのではないでしょうか。

その他の魅力として挙げられるのが、調湿効果です。調湿効果とは空気の湿度を調節してくれる機能のことになります。湿度が低い状態で就寝して、起床した際に喉に違和感を覚えたことがあるという方も少なくないでしょう。湿度が高いせいでジメジメと感じ、暮らしづらい思いをした経験をした方もいるでしょう。今では加湿器や除湿機などの家電製品が発売されており、一般的な住宅においても湿度をそれらの家電製品を使用して調節することができますが、木そのものにはこの調湿効果があるとされており、ログハウスに住むことで湿度による不快さを感じさせない環境で生活をすることが可能です。全ての湿度を木が管理するということは難しくなりますが、空気中の水分を調節してくれるので、加湿器や除湿機を使う機会が減少し光熱費をその分少なくできる可能性があります。

都内で耐震性の高い住宅に住むために

暮らしやすいという点でログハウスにメリットを感じる方もいるでしょうが、他にも耐震性があるという点で魅力を感じる方も少なくありません。日本では耐震性を高めるためには学校などでは既に対策を行っているところが多くなっています。都内などにおいても地下にはたくさんの線路が通っており、更に他の地域に比べて高いビルが数多く建っているので、耐震への対策をしている企業や一般家庭はとても多いです。当然ではありますが、東京都内で地震が発生する確率はゼロではありません。地震は他の災害などに比べて発生の予測が難しく、突然発生する可能性があるので、予め準備をしておくことしか対策ができないと思われている方も少なくありません。

準備とは建物の耐震性を高める、食糧を備蓄してもし万が一地震が発生した時に食料に困らないようにしておく等です。既に住宅を購入して都内で暮らしている方は今ある住宅を守るために耐震性を高めたりする工夫をすることになりますが、これから都内で建物の購入を検討している方はなるべく耐震性の高いものを購入したいと思われる方も少なくないでしょう。地震の被害を最小限にするために、実際にログハウスを購入される方は少なくありません。過去に大きな地震が発生した際に、ログハウスにおいては倒壊などの大きな被害が出ず、実際に避難所として活用されたこともあります。耐震性が高い理由の一つとして挙げられるのが木が組み込まれているからです。もし耐震性の高いところに住むことを求められているのであれば耐震性の高いログハウスを候補の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

ログハウスを購入するための業者の選び方のコツ

現在、都内でログハウスを建築してくれるところはたくさんあります。そのため、都内に住んでいる方の中にはどのような業者を選択すればいいのかわからないという方も少なくないでしょう。選び方のコツとして挙げられるのが質の高い技術を提供してくれるかどうかです。基本的にログハウスを購入する時は注文をして建築を依頼することになります。質の高い技術を提供してくれるところでは利用者の要望に添って設計などを行ってくれる可能性があるので、そのような業者を選択すれば自分のイメージに近いログハウスを購入することができるのではないでしょうか。

その他のコツとして実際に展示会などに参加をして、どのようなリビングや玄関などを実現してくれるのかを把握しておくことも大切だと言えるでしょう。多くの業者では展示会の参加などを受け付けてくれるので、電話やお問い合わせフォームなどから予約をしてみましょう。