ログハウスを賃貸するために購入しよう

ログハウスのFeel ホーム > コラム > ログハウスを賃貸するために購入しよう

ログハウスを賃貸するために購入しよう


ログハウスの魅力を知る



ログハウスとは一般的な住宅とは異なり、木の素材を存分に活かして設計、建築される建物です。建築技術は従来よりも発展している昨今ですが、そのままの素材を活用するということに魅力を感じる方は増えています。例えば建築とは異なりますが、無垢の家具なども販売されており、少し費用が高くなりますがその木の雰囲気などに魅了されて購入をする方は珍しくありません。

ログハウスは実際に住むための住宅として、また別荘や賃貸住宅としても建てられており様々な用途で購入ができます。あなたは住宅に何を求めますか。例えばリラックスできる住宅が欲しいと思われる方もいるでしょう。実際に家の中はプライベートな時間を過ごすことになるため、会社とは異なりリラックスできる空間を求める方も珍しくありません。ログハウスはリラックスできる住宅として認知されています。木は自らフィトンチッドと呼ばれる物質を空気中に放出することを知っていますか。このフィトンチッドは有機化合物であり、この物質が人をリラックスさせる効果があると言われています。そのため木をふんだんに使うログハウスはリラックス効果を期待できるとされています。また、建築する場所を考慮すれば森林に囲まれた場所で生活ができますから、別荘として活用することで休日をリラックスして過ごすことも可能でしょう。

住宅に地震対策を求めている方も少なくないでしょう。多くの方が知っている通り、地震はとても恐ろしい災害です。例えば地震が起こることでプロパンガスなどが破裂して火災に発展する可能性もあります。火災が起きれば住宅が燃えてしまうので住めなくなる可能性もあります。更に揺れによって倒壊する住宅も少なくありませんから、住んでいる方の安全を確保することが求められるでしょう。更に海辺周辺に住宅を持っている方は津波が襲ってくる可能性があります。過去を例にとっても津波により多くの日本人が亡くなったこともあります。ログハウスは振動エネルギーを吸収するため、倒壊しにくいとされています。また、火災においても一般住宅より木そのものが太いですから燃えにくいという特徴があります。



賃貸として購入する



ログハウスにはこのような様々な魅力がありますから、自分が住むために購入するのではなく、賃貸住宅として活用する方は珍しくありません。賃貸住宅とは大家さんに住宅を貸してもらい、毎月家賃として費用を支払ってそのスペースを生活で使用することになります。主に契約の際には賃貸借契約が結ばれます。老後の資金確保やビジネスとして賃貸住宅を建てる方は珍しくありません。例えば賃貸住宅を持つことで毎月家賃収入が入りますからビジネスとして活用できます。更に年金暮らしでは全ての生活費や支払いなどを賄うことができないケースもありますが、家賃収入があればそれを補い、更に貯蓄までできる可能性があります。もし病気で他界した時も家賃収入があることで、残された家族が生活に困りにくいなど多数のメリットが存在します。

しかし、当然これらのメリットは入居してくれる人がいて初めて得られるメリットになります。今では賃貸住宅は数多く存在しており、もし建築をしたとしても入居してもらえないというケースは珍しくありません。当然部屋が空いてしまえばその分家賃収入が減るため思い通りの利益を獲得できなくなるでしょう。

では、入居者を増やすためにはどのような努力が必要なのでしょうか。例えば駅から近くアクセスの利便性が高いところでは入居率なども上昇することが想定されます。一方でその分土地代などに多くの費用を使うことになります。もしログハウスを賃貸物件として選択すれば上記のメリットがあるため選んでくれる方もいるでしょう。また、別荘として一定期間貸し出すなどの商いもできるかもしれません。



ログハウスの建築依頼をしよう



ログハウスを建築するためには、まずどのような住宅なのかを理解するために展示場に足を運ぶ方は少なくありません。展示場では実際にログハウスを見ることができるため、購入者の多くが展示場に足を運びます。設計や建築を担っている企業では各地域に展示場を設けていますから、その近くに住んでいる方は見学できるでしょう。

設計依頼や建築依頼をするためにはサービスを提供してくれる企業を選択しなければなりません。業者選びに苦労される方もいますが、基本的に多くの企業ではニーズに合わせて対応してくれます。建築を検討している方によって予算などが異なりますが、なるべく予算に合わせたプランニングを行ってくれるところもあります。また、わかりやすい価格設定と費用の透明化を行い、なるべく顧客が混乱しないように価格設定を行ってくれる企業も存在します。予算の相談などは企業のホームページから行えますから、建築を検討している方は一度相談をしてアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。


ログハウスのFeel ホームへ戻る