北欧の家は日本でも人気

ログハウスのFeel ホーム > コラム > 北欧の家は日本でも人気

北欧の家は日本でも人気

北欧の家のイメージは


北欧と言えばどんな家をイメージしますか。切り妻屋根の家で傾斜が急な屋根をイメージする人が多いですが、この屋根には意味があります。雪がよく降る地域では、屋根に雪が積もりやすく、その雪の重みで屋根が崩れないように傾斜が急な切り妻の屋根を取り入れています。切り妻の屋根はシンプルですが、機能性が抜群で、大雪の時でも雪が屋根にあまり積もりにくく、雪が落ちやすい作りになっています。屋根1つとっても寒い地域での知恵が家に生かされており、雪国などでよく利用される北欧風の家は、日本でも雪が積もる地域から流行り始めました。場所によってはスウェーデン村のように、建っている家がすべて北欧の建物で、柵を作らないで自然の中に溶け込むような家を建てることが条件で居住できる地域も存在します。
その他の特徴として、外壁の塗装が色鮮やかな物が多く、原色に近い色を使っているところも多く見かけます。寒い地域独特の機能面においてもよく考えられていて、ペアガラスの窓というのは当たり前のようについています。最近では、3枚のガラスをいれた窓などもあり、より機密性を高めています。ガラスとガラスの間に空気があり、その空気で外と中の温度を調整して、夏は涼しく、冬は暖かい室内を作り上げています。これも北欧ならではの住宅であるといえるでしょう。このように、機密性が優れていることから、現在では北欧の家を建てようと思う人が多くなり、実際に建てている人が大勢います。そんな北欧の家ですが、地震にも強いということが、震災時に証明されています。日本は地震大国ですから、耐震性にも優れているという点は魅力的でしょう。機密性と地震に強い家で、木の温もりを肌でいっぱい感じることができるのが北欧の家なのです。

寒い地域で建てられる家の特徴


北欧の家と言えば寒い地域で多く建てられているので、寒さ対策は万全で、外が寒くても室内は暖かく過ごすことができることが、日本の寒い地域では人気となっていました。外観にも特徴があり、色鮮やかな白を基調としたデザインが主流で、見た目にも絵になる様な家が数多く建てられています。もともと山小屋やロッジ風の建て方が主流で、日本でも寒い地域では以前から建てられていましたが、最近は都会の方でも北欧の家をよく見かけるようになりました。日本ではあまり見かけない作りと外観が注目を浴びていて、実際に建ててみると、とても居心地がよく機能性も抜群であるため徐々に普及し始めています。
モダンな作りで、外観だけではなく家の中も無垢材をふんだんに使っており、木の温もりを感じながら生活をすることができます。そんな北欧の家は、日本人に合った機能性と見栄えの家であることが分かり始めて急速に増えています。外壁の塗料もよく考えられており、雨や雪、風などにさらされても劣化しにくい塗料を使っているので、見た目ではなく、機能性も優れています。それが、北欧の家なのです。特に多い外壁の色としては、1階と2階の色を違う色にしている家をよく見かけます。日本では外壁はすべて統一した色を塗るのが一般的ですが、北欧の外壁は色を分けて塗るスタイルが多くあります。

北欧の家の意外な一面


北欧の家の場合、部屋の広さを決めるときには、日本の住宅と違って測り方が広くなっています。日本であれば910mmというのが一般的なモジュールですが、北欧の場合は1200mmというのが標準で日本より広くなっています。同じ6畳の部屋でも昔の日本の本間の6畳と変わらないくらいの広さになります。6畳で作った部屋の場合、日本式の広さで行くと8畳分ほどの広さがあります。
雪に対応している屋根ですが、急勾配の屋根は雪が積もりにくいだけではなく、汚れなども落ちやすく、劣化しにくい作りとなっています。それだけではなく、急勾配で劣化しにくい屋根は、雨漏りもしにくい丈夫な性質も持ち合わせています。傾斜が急な屋根であるため、屋根裏もつくりやすく、倉庫代わりにしたり、ちょっとした部屋を作ったりすることもできます。ベッドをおけば寝室にもなるでしょう。
寒い地方特有の日照時間が短いことにも対応していて、大きな窓を付ける傾向がありますが、これにも意味があり、日差しを少しでも多く長い時間家の中に取り込めるようになっています。その為に大きな窓を付けています。ただ単に見栄えのために大きな窓がついているわけではないのです。全ての家の造りには意味があり、寒い地方に合った作りとなっています。長年の知恵が生かされた家の造りが北欧住宅の魅力です。見た目も素敵で、木の温もりを感じることができる、ほのぼのとした家に仕上がります。北欧の家は、メリットがたくさんのつまっている住宅といえるのではないでしょうか。
最近はその特徴が活かされ、寒い地域だけに限らず都心でも多く見られるようになっています。お住まいの改築や新築を考えている方は、一度検討されてみてはいかがでしょうか。


ログハウスのFeel ホームへ戻る