満足のいくログハウスを得たいならメーカーを選ぼう

ログハウスのFeel ホーム > コラム > 満足のいくログハウスを得たいならメーカーを選ぼう

満足のいくログハウスを得たいならメーカーを選ぼう

全国にあるログハウスメーカー


昨今の田舎暮らし人気に伴い、ログハウス人気が再燃しています。多少不便でも自然に囲まれた生活がしたいという人や家族を各地域も積極的に受け入れ援助していく事で、過疎にあえぐ街を少しでも活性化させたいという思いをありありと感じさせます。かつては田舎の因習や慎ましい生活に見切りをつけて都会へ流れていった若者が大勢いましたが、便利な生活の中に自分らしさを見つけられなかった人や、未知の世界にほのかなあこがれを持つ根っからの都会人など、多種多様な背景はあるにせよ、田舎に人が帰ってきている現実をみると、そこに人間の原点は田舎、自然にありという思いを抱かせます。
器用な人はホームセンターやDIY専門店から素材だけを購入して自力で組み立てられます。大規模なハウスの製作は手間も費用も大変ですし勉強も必要ですが、こぢんまりと作れるミニログもありますから興味のある人はぜひ挑戦してみてください。自分では作れないが住んでみたいという人はメーカーを利用してリーズナブルな予算で作る事ができます。メーカーは全国に100箇所以上あり、メーカーごとに得意な分野を持っていますから、自分の趣向にあった業者と契約する事で満足のいくログハウスを持つ事ができます。
自由設計で希望通りの間取りや広さで作る事ができますし特定のイメージがないなら勧められたモデルハウスを活用しても良いのです。実際に居住するための家ならマシンカットか和風仕込みのものが長く住み続けるのに適しています。いわゆる馴染み深い丸太工法は見た目にもかっこよく美しいのですが、こまめな整備を最も必要としますからDIY好きの人向きです。もちろん専門業者は定期的メンテナンスも含めて対応してくれますから、まずは相談してみてください。

デザインや仕様も多種多様


全国にログハウスファンは大勢いますが、どのようにしてご自慢の家を組み立てたのか気になります。そもそも専門業者は全国にどれくらいいるのか試しに検索してみると、北海道から沖縄まで各地域にまんべんなく点在している事がわかります。思い思いのプランで運営されているのも見てとれますし、展示会場もありますから、自らのイメージ作りのためにも近くの会場へ足を運んでみるのはプラスになります。どういったプランを扱っているのかといった事や多種多様な工法などを目のあたりにもできて良い刺激になります。
大きく分けると自由設計、ミニログ、セルフビルド、モデルプランの4つに分ける事ができます。業者によっては複数のプランを提案していますし特有のプランで運営されているものもあります。自分ならどのプランでやりたいのかをまず考えておくと相談もスムーズにいきますし、利用したい業者も絞られてきます。ちなみにセルフビルドとは文字通り自分で1から組み立てるプランを意味しています。素材のほとんどをホームセンターやDIYショップから調達できます。ある程度知識があり、ものつくりが趣味という上級者向きプランです。
逆に簡単な施工だけの文字通り丸太小屋であるミニログタイプも人気です。山小屋やガレージ、作業所、茶室のような使い方をされています。土台作りはさすがに業者の手が必要になりますが、それ以外は自分たちで作りたいという初心者向けです。費用もぐんとリーズナブルですし外観はなかなかのものになります。
しっかりした家を作るとなると費用も手間も相当かかりますが、場合によっては十数年もしくはさらにかかる作業であっても作り上げていく楽しみと喜びがあるので、どれだけ大変でも続けていけるのですが、さすがにそこまではできないしやりたくないという人のために、素材選びからお引き渡しまで一貫してサポートしてくれるのが専門メーカーです。素材は自分たちで集めるが施工だけ手伝って欲しいという時には知識と実績に富んだ職人もいます。用途に応じてログハウスの種類も違ってきますから、そうした情報集めという意味でも業者を積極的に利用してみましょう。

おすすめのメーカーとは


土台から自力でできる人はいいのですが、ゼロからスタートするなら信頼できるメーカーに依頼するのが賢明です。1地域に最低3つから4つはありますから各メーカーで実施している展示場へ足をこまめに運んで物件の品定めをしてみてましょう。その際に疑問に思う事は臆する事無く質問してみてください。どこに住むかにもよりますが、エコ住宅や転住者対象の補助金制度を設置している地域もありますから、活用できるものがあるかないかを合わせて調べてみるのも忘れないようにしましょう。
見積もりはいざ契約となった時に大いに助けになります。予算との釣り合いも大事ですから合見積もりがおすすめです。メーカーによっては提供しているプランが様々ですから、そこも忘れずに確認をとります。自由設計は文字通り状況に合わせた間取りやキッチンの形、または薪ストーブが置けるようなスペースと部屋のデザインなど、こちらの希望通りの設計をしてもらえるのでかなり自由度の高い設計になりますが、くれぐれも夢ばかりふくらんで大幅な予算オーバーとならないようにご注意ください。
一般住宅以上にこまめなメンテナンスを必要とするのがログハウスですから、メンテナンスを格安あるいは無料でやってくれるところなら、その後の維持費や生活に必要以上の負担をかけなくて済みます。実績と確かな技術を持った業者はおすすめですし、あらゆる要望やこだわりにも応え得る柔軟さや多種多様なプランを提供できるところだと、より希望に近い良いものができるはずです。なるべくゼロから引き渡しまで総合的に対応してくれるところだと、より気軽に相談できます。


ログハウスのFeel ホームへ戻る