賃貸で利用できるログハウスとその活用方法

ログハウスのFeel ホーム > コラム > 賃貸で利用できるログハウスとその活用方法

賃貸で利用できるログハウスとその活用方法


アウトドア派ならばログハウス



ログハウスは日本語では丸太小屋を表すものですが、本場アメリカでは、規模の比較的大きなものと比較的小さなログキャビンとに呼び名を分けています。つまり、丸太小屋のような小屋はログキャビンとなるわけで、一軒家程度はlog cabin 民宿ほどの規模であればようやくlog houseと呼ばれるものになります。log houseのlogとは、丸太を指したものでlog houseに使う木材は、板状にした木材を使わないという定義があります。

はたからみて、板状であっても半分切りにして平面を見せている場合もあり、必ずしも筒状の丸太を組み合わせたものばかりではありません。またlog houseは、日本人が思うように100%木の丸太で構成されている必要も無く、石材や土あるいは漆喰などを組み合わせて作り上げているものもあり、必ず丸太のみで出来ているものでもないのです。こうした建物は、アメリカ合衆国独立後の西部開拓時代に広まったとされ、構造上丸太をイゲタに加工して水平上に組み上げるだけで作り上げる為に、釘などもほとんど要らず比較的簡単に作る事が出来ました。その特徴として、丸太は木でできていますので、湿度の調整がとても優れているという事や、厚みのある丸太の断熱性の高さからも、夏は涼しく冬は暖かいという事が挙げられるでしょう。

こうした丸太作りの家には欠点があり、セトリングと呼ばれる現象がある事で知られています。セトリングは、丸太の重みや乾燥によって時間をかけて縮んでいく現象で、問題となる部分は窓やドア部分、そして二階との接合部である階段などに問題が起こります。特に窓やドア部分は最悪開かなくなる場合もあり、セトリング対策としてすき間をわざと作る寸足らず加工を施しますが、そのすき間は木材で埋めておく事で問題は起きません。



日本にも古くからあったログハウス



ログハウスの定義は、板状に加工していない丸太を水平上に組んだ建物という事になります。実はこの定義で作られた建築物が、日本にも古くから存在しており、それは国宝の数々を保有する正倉院という事になります。正倉院は規模の大きな高床式の校倉造りで知られ、奈良時代や平安時代に多く作られた正倉という倉の一つでした。当時は税を納める倉として使われており、日本各地から上納された米穀や調布などを保管していた為に、ネズミ除けとして高床式である必要があったわけで、同様にネズミ返しも作られています。

こうした正倉が、当時都であった奈良の重要地点にいくつも作られていましたが、現在の正倉院は元々東大寺の正倉にされていたもので、唯一当時のまま残されている貴重な資料だったのです。明治以降の調査により、日本史においても非常に重要な品が多い事から政府の管轄となり、さらには天皇家の遺物も600点以上もあり、かなり数が多い事から宮内庁の管轄へ遷されました。実はこの正倉院はかなりの大きさで、その間口は33mもあり奥行きは9.4mで高さはなんと14mもある大きさで、高床式の床下は2.7mと日本人の身長をはるかに凌ぐものです。

現代ではログハウスも世に浸透し、新しい住まいとして賃貸型のログハウスも出ています。ログハウスは高い断熱性と調湿機能から得ることのできるリラックス効果があり、安らぎを感じることのできる住まいです。耐震性や防火性能に優れた物件も多く、安心して住むことも可能となっています。他にも、ログハウスで賃貸経営をすることもでき、それをフォローしてくれるサポート企業もあります。



ログハウスの賃貸でバカンスを楽しもう



旅行先での宿泊にコテージを利用された方の多くが、このログハウスに魅了され将来の我が家にと考える方も多く、自然の木の香りにはアロマ効果があり、心身ともに安らぐという方も多くいます。こうした家は自然との一体感があり、場所も木々の多い緑がある場所が似合いますので、都会の街中などではまず見かける事は少ないはずです。しかし一方で、メンテナンスなどをしっかりしておかなければならないという事も、知っておかなければならないでしょう。

まずlog houseには、セトリングという現象は避けて通れないもので、対処しておく必要がありますが、最近はボルトを取り付けるという対処法もあります。また、木を横並びに重ねていくという工法上、隙間が必ず生じるもので、激しい雨や長雨などの場合雨漏りが起こります。これは、そのままの木を直接使用していますので避けられませんが、外壁にニスを塗る事で軽減できます。また木の収縮によりひび割れが生じる事も多く、あらかじめ木材に加工することなども必要です。

しかし、こうした物件を賃貸で借りられる場所も最近は多く、将来住んでみようとお考えの方には、お試しとして実際に住んでみる事もできます。また、長期休暇での別荘代わりに、賃貸で住むという方も最近多いのです。


ログハウスのFeel ホームへ戻る