フィンランド通信 Vol.33

フィンランド通信 Vol.33

スポーツが盛んなフィンランド
~体を動かすことが大好きなフィンランド人達~

2018 年は4 年に1度の冬季オリンピックが開催され、日本の皆さんもとても盛り上がったと思います。フィンランド人もクロスカントリーを筆頭に輝かしい活躍を見せてくれました。
そこで今回はフィンランド国内における人気のスポーツやその文化についてお話ししていきます。


独特の発展をしているフィンランドのスポーツ

フィンランドでは様々なジャンルにおいて、独特の発展をしているものが数多く見られますが、スポーツもまた例外ではありません。
まず国技であり、最もポピュラーなスポーツである、“ペサパッロ”というものがあります。簡単に言いますとフィンランド式の野球で、アメリカンベースボールから発達していますが、グラウンドの形が異なります。年代を問わず、多くの人が学校や余暇にプレイしており、大きなクラブ もたくさんあります。スウェーデンやオーストラリアなどでもプレイされています。
また世界的に親しまれている「ビーチバレーボール」に似た競技で、フィンランドでしかプレイされていないであろう「スワンプバレーボール」というものがあります。スワンプ(=沼地)で行うバレーボールですので、肉体的にかなり過酷なものです。


ウィンタースポーツは大の得意

フィンランドではその気候柄、ウィンタースポーツがとても盛んです。特にスキーはフィンランド人のお気に入りです。イメージ通りでしょう、この手のスポーツではフィンランド人は常に偉大な成績を残していて、クロスカントリースキーやバイアスロン、スキージャンプなどの歴史ある競技はもちろん、近年ではフリースタイル、アルペンそしてスノーボードと、とりわけ新しいウィンタースポーツでも大活躍しています。
今年の冬季オリンピックでもたくさんのメダルを獲得しました。アイスホッケーもフィンランド人の好む種目で、とても白熱します。


フィンランド発、世界的にも有名なスポーツ

ここで私も大好きなスポーツとして、フォーミュラー1(F1)を紹介させてください。フィンランドで最も観戦されているモータースポーツであるF1は、1950 年代に始まり、世界中にファンがいます。1960 年代にはフィンランド人のレーサーが国際的な競技会で台頭しはじめ、フィンランドを最も有名な国にしました。
ちなみにフィンランド国内でも別のモータースポーツであるWRC(ワールドラリーチャンピオンシップ)が開催され、27万人の観客を動員しています。

最後にフィンランド生まれのスポーツレクリエーションとして、ノルディックウォーキングというものがあります。雪が少なくてスキーに行けない南と中央のフィンランドで発達したスポーツで、ポールというノルディックウォーキング用のストックを使って、山野を歩きまわります。年齢に関わらず、気軽にできるエクササイズとして、フィンランドでは多くの人が日常的に楽しんでいます。
みなさんも体を動かして、スポーツを楽しみましょう。Moi moi!

From Merja Pesu
(当社フィンランド工場、Huvila Seppälä 社輸出マネージャー)