オーナーズライフ Vol.34

オーナーズライフ Vol.34

ムーミンがお出迎え!
北欧色のフィンランドログハウス

N様(神奈川県座間市)

北欧色のフィンランドログハウス

今回のオーナーズライフは、座間市にお住いのN様ご夫妻をご紹介します。

N様ご夫妻が建てたのは、爽やかな水色の外壁と赤い屋根のまるでムーミンハウスのようなかわいらしい北欧ログハウス。玄関を開けるとタペストリーのムーミンがお出迎えしてくれます。

実はこの配色は旦那様と奥様が分担して屋根のお色と外壁色を選んだところ、偶然なったそうで、もともとムーミンが好きだった奥様は、とても満足されていました。 アースカラーの水色は、フィンランドログハウスとの相性が抜群で、再塗装時のカラーチェンジもしやすいため、当社では人気のあるお色です。

これまで築20年以上のアパートにお住まいだったN様ご夫妻。今回住宅購入を検討するにあたって、まずは住宅展示場やマンションなども見て回ったそうです。
「二人ともアレルギーを持っていて、無機質な住宅はあまり好きではなかったので、いわゆる自然派住宅と言われるような、無垢の木を使った家を探していました。」
「他メーカーさんにはなりますが、ログハウスの展示場にも何度か足を運び、ログハウスもいいなと思うようになりました。」
そんな中で当社展示場へもご来場頂き、お打ち合わせをさせて頂くことになりました。

「並行して他社さんとも打ち合わせを重ねてはいたのですが、他社さんの場合は、こちらの希望が叶えられるのかどうかはっきりした回答が得られなかったり、金額の提示がないまま話だけが進むことも多くて。Feelさんは希望に対してすぐに具体的なご提案と見積もりが頂けたので、検討がしやすかったです。」
「木の香りがする展示場での打ち合わせも毎回楽しかったですね。ムーミンが好きなので、展示場のムーミングッズも密かに、チェックしてました(笑)」

「申請を待っている時間はもし申請が通らなかったら・・・と少し心配もありましたが、気長に待っている間に、たくさん完成見学会に行けたのでプランの参考にもできたし、こだわりたかったキッチンもゆっくり時間をかけて選べました。」
悩みに悩んでお選び頂いたN様邸のキッチンは、使いやすいシンプルなI型システムキッチンですが、吊戸棚の代わりに造作のディスプレイ棚を設置しています。

「高い位置にある吊戸棚は使いにくいので最初から思い切って削りました。寝室のクローゼットもレイアウトの自由度が減ってしまうので削って、その分1階に大きな納戸を作り、収納をひとつにまとめました。小さい収納を多く作るよりも費用が抑えられたのもよかったですね。」

着替えもできるという1階の納戸は洗面脱衣室のすぐ横に設けられており、生活動線へのこだわりが伺えます。
「共働きなので掃除機も1階と2階にそれぞれ置いたりと、“使う場所”と“しまう場所”を考えて、家事のしやすさにはこだわっています。」という奥様は、なんと建築中に整理収納アドバイザーの資格を取得されたそう。洗面脱衣室も収納するものに合わせた造作棚でスッキリまとまっています。

「ログハウスは後から好きなところ必要なだけ棚を取付けたり、簡単にDIYができるのもいいですね。偶然見つけたハンモックチェアも、ソファ代わりにと自分で梁に取付けしました。」
ゆらゆらとゆれるハンモックソファと無垢の床でくつろぐN様夫妻。

「ここに住むようになってから、長年苦しんでいた花粉症やアレルギー性鼻炎の症状がほとんど出なくなったんです。匂いがこもりがちな収納も木の香り。やっぱり自然の住宅はいいですね。」

窓から見える青々とした緑が眩しい、まるで森の中にいるようなログハウスで快適な日々を送って頂けているようです。まだまだ先の話ですが、これから迎えるログハウスでの初めての冬にはぜひ薪ストーブを楽しんでください!